【2019年】最も売れた本ランキング:ベストセラーはこれだ!

2019年 本 ランキング ベストセラー

 

2019年も多くの本が出版され話題になった本もありました。皆様はお気に入りの本に出会いましたか?

「読みたい本がみつからない」「どれがいいのかわからない」「話題の本が知りたい」など感じている方も多いかと思います。

自己啓発、小説、ビジネス本まで様々なジャンルがありますが、その中でもランキングトップ10にランクインしたベストセラー本をジャンル別でご紹介していきます!

 

2019年ベストセラー ビジネスランキング

10位
神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,540 (2022/09/25 15:55:42時点 Amazon調べ-詳細)

心理学・脳科学を元に「科学的に人の心を動かす」伝え方を紹介しています。人間関係、仕事、お金、恋愛、会話・雑談、SNS、子育て、コミュニケーション、リーダーシップ、人見知りなど幅広い方に向けて書かれています。

実践的な内容で様々な紹介をしているので読みやすい交渉術、コミュニケーションの本です。

 

9位 
Think CIVILITY(シンク シビリティ) 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である

created by Rinker
東洋経済新報社
¥1,670 (2022/09/25 15:55:43時点 Amazon調べ-詳細)

ビジネス書では少ない「礼儀」について書かれた本です。ビジネスでも、人間関係でも、最強の武器になる礼節の力を解説しています。

礼儀正しさや、人を大切に扱うことの重要を、データ、エビデンスを通して理解することができ、リーダー、マネジメント必読!2019年のビジネス本で人気の一冊です。

 

8位
the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

created by Rinker
¥1,980 (2022/09/25 15:55:47時点 Amazon調べ-詳細)

このビジネス書は、Google、Apple、Facebook、Amazon(GAFA)という巨大テクノロジー企業4社を、それぞれが地上の4分の1を支配し、剣、飢饉、悪疫、獣によって「地上の人間を殺す権威」を与えられた、ヨハネの黙示録に登場する四騎士になぞらえて描かれています。

「ビジネス書大賞2019」読者賞。「読者が選ぶビジネス書グランプリ2019」総合第1位。「2018ユーキャン新語・流行語大賞」ノミネート。さまざまな賞を受賞している米国発、22カ国で続々刊行のベストセラーの2019年話題のビジネス書です。

 

7位
アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る

created by Rinker
日経BP
¥2,300 (2022/09/25 15:55:48時点 Amazon調べ-詳細)

このビジネス書は、オフラインがなくなる世界を「アフターデジタル」と呼び、デジタル化する世界の本質を解説しています。その世界を理解し、その世界で生き残る術が書かれています。

デジタル担当者、未来を拓く、すべてのビジネスパーソンが読むべき2019年のおすすめビジネス本です。

 

6位
時間革命 1秒もムダに生きるな

created by Rinker
朝日新聞出版
¥1,134 (2022/09/25 15:55:48時点 Amazon調べ-詳細)

堀江 貴文さん(ホリエモン)著書の時間術に関しての本です。堀江さんの本を読んだことがある方なら他の本の引用が多いと感じるかもしれません。ですが、人生を無駄にしないための大切な内容が詰まっています。

”自分時間に満たされた人生を生きるため、本当に大切にしたいこと以外を手放す”など時間だけではなく人生への向き合い方を考えさせられる自己啓発本でもあります。

 

5位
メモの魔力 The Magic of Memos 

created by Rinker
¥1,540 (2022/09/25 15:55:49時点 Amazon調べ-詳細)

 SHOWROOM社長 前田裕二さんのメモ術が詰まったベストセラー書です。皆様はメモをとる習慣がありますか?

この本は、『メモによって世界を知り、アイデアが生まれる。メモによって自分を知り、人生のコンパスを持つ。メモによって夢を持ち、熱が生まれる。』とメモの大切さやメモ術が詰まった一冊です。

 

4位
1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

このビジネス書は、「1分でささる伝え方」を解説した本です。BookLive! 2019年に読むべき! 「ビジネス書ベスト100」 第1位のも輝いた良書。

著者の考えは「1分で話せないような話は、どんなに長くても伝わらない」。とし、内容としては、伝わる伝え方の「型」の部分だけでなく、「結論の決め方」、「言い切れない」というメンタルの部分の話から、1分で記憶に残す方法などが紹介されています。

 

3位
学びを結果に変えるアウトプット大全

created by Rinker
¥1,595 (2022/09/26 02:00:13時点 Amazon調べ-詳細)

すべての能力が最大化アウトプットの基本法則をわかりやすく説明している本です。アウトプット、行動系の本の中ではかなりわかりやすく頭に入りやすいベストセラー本です。

インプットばかりでアウトプットできていない人が大半を占めていますが、この本でたくさんのアウトプットを行えるおすすめの本です。

 

2位
FACTFULNESS(ファクトフルネス)384

2019年に日本、世界で大ヒットした「FACTFULNESS(ファクトフルネス)」。教育、貧困、環境、エネルギー、医療、人口問題などをテーマに、世界の正しい見方をわかりやすく紹介している本です。

正しく世界を認識するためのベース作りができる本なので、まだ読んでいない方はぜひ読んでほしいおすすめの本です。 

 

1位
AI vs. 教科書が読めない子どもたち

created by Rinker
¥1,873 (2022/09/25 14:04:29時点 Amazon調べ-詳細)

このビジネス書の内容はAI、未来について書かれている本です。内容は、AI 技術についてはもちろん、シンギュラリティは達成不可能である反面、一部の分野で人間を超える事は可能だと説明しています。

そしてAI の得意分野と苦手分野についてもかかれており、人間がどう向き合うかも解説しています。

「2019年ビジネス書大賞」「ビジネス書大賞2019 大賞」「第27回 山本七平賞」「第39回 石橋湛山賞」「第27回 大川出版賞」「第66回 日本エッセイスト・クラブ賞」「ビジネスリーダー1万人が選ぶベストビジネス書 TOPPOINT大賞 2018年上半期」「日本の人事部 HRアワード2018 書籍部門 優秀賞」などさまざまな賞に輝いた2019年ビジネス書ランキング堂々の1位です!

 

2019年ベストセラー 小説ランキング

 

10位
フーガはユーガ

created by Rinker
¥1,100 (2022/09/26 02:42:37時点 Amazon調べ-詳細)

常盤優我は仙台市内のファミレスで一人の男に語り出す。双子の弟・風我のこと、決して幸せでなかった子供時代のこと。そして、彼ら兄弟だけの特別な「アレ」のこと。不思議で引き込まれる作品です。

 

9位
火のないところに煙は

created by Rinker
¥990 (2022/09/26 02:00:14時点 Amazon調べ-詳細)

驚愕の展開とどんでん返しの波状攻撃、そして導かれる最恐の真実。読み始めたら引き返せない、戦慄の暗黒ミステリです。

 

8位
ひとつむぎの手

created by Rinker
¥1,050 (2022/09/25 15:55:50時点 Amazon調べ-詳細)

人として一番大切なものは何か。若き心臓外科医に課された困難を極めるミッション。医療ミステリーの旗手が挑むヒューマンドラマ。ミステリー要素もありますが、感動する作品です。

 

7位
愛なき世界

created by Rinker
¥1,656 (2022/09/26 02:00:14時点 Amazon調べ-詳細)

洋食屋の見習い・藤丸陽太は、植物学研究者をめざす本村紗英に恋をした。しかし本村は、三度の飯よりシロイヌナズナ(葉っぱ)の研究が好き。

生のすべてを植物に捧げる本村に、藤丸は恋の光合成を起こせるのか!?道端の草も人間も、必死に生きている。世界の隅っこが輝きだす傑作長篇です。

 

6位
さざなみのよる

created by Rinker
¥1,180 (2022/09/26 02:42:38時点 Amazon調べ-詳細)

小国ナスミ、享年43。その死は湖に落ちた雫の波紋のように家族や友人、知人へと広がり、命のまばゆさを描く感動と祝福の物語です。

 

5位
ある男

created by Rinker
文藝春秋
¥1,760 (2022/09/26 02:42:39時点 Amazon調べ-詳細)

愛したはずの夫は、まったくの別人であった。人はなぜ人を愛するのか。幼少期に深い傷を背負っても、人は愛にたどりつけるのか。衝撃の長編小説です。人間存在の根源と、この世界の真実に触れる文学作品です。

 

4位
熱帯

created by Rinker
¥1,495 (2022/09/25 16:14:05時点 Amazon調べ-詳細)

沈黙読書会で見かけた幻の本『熱帯』。誰も最後まで読んだことがないという、ふしぎな小説だった。謎を解き明かそうとする「学団」。とても不思議な作品になっています。

 

3位
ベルリンは晴れているか

created by Rinker
¥1,328 (2022/09/26 05:25:54時点 Amazon調べ-詳細)

1945年7月、ドイツが戦争に敗れ、米ソ英仏の四ヶ国統治下に置かれたベルリンが舞台です。17歳ドイツ人少女アウグステの恩人が毒により不審死を遂げ、アウグステは疑いの目を向けられつつ、恩人の甥に訃報を告げるために旅立ちます。

物語はその甥を探す章とアウグステの終戦までの生い立ちが描かれた幕間の物語が交互に進みます。引き込まれる歴史ミステリーです。

 

2位
ひと

created by Rinker
¥1,460 (2022/09/26 05:25:54時点 Amazon調べ-詳細)

ひと」は、タイトル通り、主人公を取り巻く人々を描いたヒューマンドキュメンタリー小説です

母が急死し、たった1人になった20歳の柏木聖輔。空腹に負けて吸い寄せられた商店街の惣菜屋で、聖輔は買おうとしていた最後に残った50円のコロッケを見知らぬお婆さんに譲った。それが運命を変えていきます。

 

1位
そして、バトンは渡された

created by Rinker
¥1,525 (2022/09/26 02:00:17時点 Amazon調べ-詳細)

2019年本屋大賞受賞作。たくさんの〈親〉たちにリレーされて育った優子。数奇な運命をたどったけど全然不幸じゃなかった少女の物語です。

血の繋がらない親の間をリレーされ、四回も名字が変わった森宮優子、十七歳。身近な人が愛おしくなる、感動作です。

 

 

小説、ビジネスのジャンルに分けてランキング形式でご紹介しましたが、気になる一冊はありましたでしょうか?ここでご紹介した本は、2019年でも最も優秀な本なので、ぜひ一読してみてください。