考える力がつく本【君たちはどう生きるか】の要約・言葉と感想。

社会現象化したヒットを生んだ本、”君たちはどう生きるか”(漫画版)

80年前の吉野源三郎さんの名作「君たちはどう生きるか」を漫画化したものです。

漫画 君たちはどう生きるか

一時は、ツイッター、本屋さん、ネット上どこを見ても露出がが多く、見かけた方も多いのではないでしょうか?

「君たちはどう生きるか」の感想としては、

  • 考える力がつく。
  • 自分を信じる大切さがわかる。
  • タイトル通りどう生きるか”生き方”をもう一度考えさせられる。

という点が含まれています。

考える力がつくというのは、物語自体シンプルですが、些細なことから深く深く考えるメッセージ性があります。

その中でも興味深い言葉は、

ひとつのわかりきったことをどこまでもどこまでも追いかけて考えてゆくと「ものごとの大事な”根っこ”にぶつかることがある」。

このような言葉があり、一貫して考えることがどれほど大切なことなのかを本の中で伝えています。

自分を信じる大切さというのは、物語の中で、選択に迫られる場面や後悔などの人間の弱い部分も描かれていて、「選択はいつも自分の中にあるんだ」。というメッセージを受け取ることができます。

本の中には”いじめ”や”正義”のストーリーでもあるので、お子さんにも何となくでも読んでみるだけで、いつか心の片隅で力になる本でもあるように思います。

そして最後に本とじるときに、小旅行して帰ってきた感じで本とじれるような不思議な力のある本です。

すぐに読める一冊で、生き方、自己啓発、人間を学べる本なのでオススメです。

漫画 君たちはどう生きるか
created by Rinker
¥1,067 (2022/09/26 02:42:43時点 Amazon調べ-詳細)