【これで中国が解かる!】中国ビジネスおすすめ本ランキングベスト10

経済成長を続け、人口約14億人、アジア第1位もの面積を保有する中国。世界中から注目され、今後中国がどういった方向に向かうのかはビジネスを進めるうえで知っておきたいものです。

そんな中国ビジネスが過去、現在を学び、そして未来は今後どういった動きを見せてくるのかがわかる必読の中国ビジネス本をランキングでご紹介していきます。

 

中国がわかる!中国ビジネス本ランキング

10位
チャイナ・イノベーションーーデータを制する者は世界を制する 

created by Rinker
¥1,740 (2022/09/25 16:49:40時点 Amazon調べ-詳細)

日本在住の中国人が中国ビジネスを紹介している本です。14億人の中国「モバイル決済」市場を二分する世界的プラットフォーマー、アリババとテンセントはどこへ向かうのか?など深いところまで解説しており、両社の発展の経緯がとてもよく理解できます。

アリババ、テンセントを中心に、最新の中国イノベーション事情を紹介していますが、中国でアリババなどを活用して業績を伸ばしている日本のユニクロや中国イノベーションを研究・消化しているメルカリの事例も紹介しています。

 

9位
キャッシュレス国家 「中国新経済」の光と影 

created by Rinker
¥897 (2022/09/26 06:01:42時点 Amazon調べ-詳細)

この中国ビジネス本は、「キャッシュレス国家」中国の実態を、北京在住の日本人経済学者が解説している本です。

そして、中国で続々と誕生している新ビジネスを紹介しており、「カーシェアリング」「シェア自転車」「料理や食材のデリバリー」「無人カラオケ」「小型フィットネスジム」「病院の受付」など中国の今を細かく紹介しています。

 

8位
「中国製造2025」の衝撃 習近平はいま何を目論んでいるのか 

created by Rinker
¥1,870 (2022/09/26 06:01:43時点 Amazon調べ-詳細)

この中国ビジネス本は、中国の半導体と宇宙開発、そして、習近平の狙いと中国の野望が解説されています。

中国は2015年5月に「中国製造(メイド・イン・チャイナ)2025」という国家戦略を発布し、2025年までにハイテク製品のキー・パーツ(半導体など)の70%を「メイド・イン・チャイナ」にして自給自足すると宣言しましたが、報道しない中国情報が満載で中国ビジネスを知りたい方におすすめの本です。

 

7位
スッキリ中国論 スジの日本、量の中国 

created by Rinker
¥1,650 (2022/09/25 10:19:14時点 Amazon調べ-詳細)

このビジネス書は、中国ビジネスを制するには欠かせない中国人の文化、行動、考え方などを理解することができる本です。

ユニクロのファーストリテイリング代表取締役会長兼社長 柳井正さんも絶賛!した本で、中国や中国人の方とビジネスをしたい方には必見の本です。

 

6位
異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない 

created by Rinker
¥1 (2022/09/26 06:01:44時点 Amazon調べ-詳細)

ジャーナリスト櫻井よし子さんが、中国解説をしている本です。13億の人口を抱える虚構の大国が行き着く先をマスコミが書けないような内容を盛り込みながら書かれています。

『中国という隣国の存在は、天が日本に与え給うた艱難である。それを乗り越える第一歩は、その真の姿を認識することから始まる。』というメッセージのもと、中国の真実を知ることができます。

 

5位
中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う 

created by Rinker
¥1,760 (2022/09/26 06:01:44時点 Amazon調べ-詳細)

この中国ビジネス本の目的は、まず尖閣、沖縄を守りつつ、「日中戦争(実際の戦闘)を回避すること」。第2に、やむを得ず戦争(戦闘)になっても、勝てる道を示すことを軸に書かれています。

2017年 本のソムリエが最も影響を受けた書籍 年間第1位にも輝いた中国に関する本で、分析力と情報量に圧倒されます。安倍総理の外交方針なども理解することができます。

 

4位
そうだったのか! 中国 

created by Rinker
¥990 (2022/09/25 16:49:41時点 Amazon調べ-詳細)

この中国に関する本は、日本のジャーナリスト池上彰さんが非常にわかりやすく解説している本です。

急速な経済成長で世界に圧倒的な存在感を見せる中国を解き、2005年に上海で起こった「反日」運動、チベット問題、天安門事件、台湾問題、そして経済格差など、中国現代史・ビジネスが簡単に理解できる本です。

 

3位
China 2049 

created by Rinker
¥2,200 (2022/09/25 16:49:42時点 Amazon調べ-詳細)

この本は、米国を出し抜き、2049年に世界覇権を握るための秘密戦略、中国「100年マラソン」の全貌をあらゆる角度から検証した一冊です。

ニクソン政権からオバマ政権にいたるまで、米国の対中政策の中心的な立場にいた著者が、中国の巧みな情報戦略に騙されつづけてきたと認めたうえで、中国の知られざる秘密戦略を語っています。

中国とアメリカの力関係を冷静に分析した本なので、今後、中国がどこに向かうのかを踏まえ参考になる本です。

 

2位
日本のIT産業が中国に盗まれている

created by Rinker
¥1,910 (2022/09/25 10:19:15時点 Amazon調べ-詳細)

著者は、ITビジネスアナリスト深田萌絵さん。ファーウェイをはじめとする中国企業の世界に張りめぐらされたスパイ網を暴き、ITへの無知が国を滅ぼす現状に警告をならすノンフィクション大作です。

トランプの対中貿易戦争開始でハイテク技術を米国から盗めなくなった中国。そして、これからの標的になった日本。これからの日本に必要なことを感じさせてくれる中国理解において読んでほしい一冊です。

 

1位
「カエルの楽園」が地獄と化す日 

created by Rinker
¥990 (2022/09/25 16:49:42時点 Amazon調べ-詳細)

ベストセラー作家の百田 尚樹と、中国人の本心を知りつくす専門家の、8時間にわたる緊迫したやりとりを書籍化した一冊です。

中国や北朝鮮の工作員がいると分かっても、「スパイ防止法案」さえないので逮捕できない日本。

中国の侵略を目前にしていながら、危機感のない日本の多くの方に読んでいただきたい本です。

 

日々進化する中国経済、そして世界経済。中国ビジネスを理解するうえでさまざまな視点から中国を見ると大きなヒントがあります。ぜひ、気になる中国ビジネス本を一読してみてください。