人脈作り、広げ方に方法はいらない?人脈に関してのおすすめ本。

人脈作りや人脈を広げるには「交流会・勉強会」に参加する方法や、どう相手に記憶させるかなどテクニックがあります。

しかし、人脈作りで本当に必要なことはそういった場所やテクニックだけではなく目を向ける大切なポイントがあります。

人脈作り、広げ方に関してそういった重要なポイントや本などを紹介していきまます。

 

人脈作りはなぜ必要?

人脈を作ることは自分自身に大きな変化をもたらしていきます

人は人で磨かれる』という言葉がありまが、多くの人と接するとにより、今までなかった考え方や新しい視点をもつことができます。

視野が広がり、自分一人では気付かなかった別の自分を見つけることができ自分自身に変化を起こすことができます。

新たなアイディアが生まれる可能性やインターネットでは広いきれない情報交換をすることもできるのも利点です。

このように色々な人と出会うことで、自分を成長させてくれたり、新しい考え方ができるようになったり、価値観が変わるので、人脈は自分自身に大きな変化をもたらしてくれます。

 

間違った人脈作り

人脈作り、人脈を広げるうえでがむしゃらに数を増やしても、あまりよい人脈を作ることはできません。

きっちりと築きたい人脈を自己分析して目的ある人脈を的確に見極めることも重要です。

その他にも「飲み会の誘いは断らない」「どこでもいいから交流の場に行く」などは、非効率なアクション方法でもあります。

そして何よりも、「人脈は短期間ではできない」という理解をしていおきましょう。

 

人脈の作り方

人脈づくりで大切なのまずは「外」ではなく「内」に注目すること。

自分自身の「目的は?」「どういった人間になりたいですか?」「どういった人間ですか?」。

人脈とは、お互いにメリットのある関係を築くことです。相手にとって自分がなにも与えることができなければ相手はあなたと関係を持つ必要がありません。なので、自己理解をしていなければ、良い人脈を作ることはできません。

そして、人脈作りのことを詳しく書いている『レバレッジ人脈術』の中にこういったことが書かれています。

created by Rinker
¥2,168 (2022/09/25 14:04:21時点 Amazon調べ-詳細)

人脈作りは、ギブアンドギブでもなく、コントリビューション(貢献)が一番大切。「この人に対して自分はどんな貢献ができるか」を考える。

この著者は、ギブアンドテイクの考え方は論外と考え、そしてギブアンドテイクでもなく、「この人に対して自分はどんな貢献ができるか?」を軸で考えるとよい人間関係に繋がると述べています。

そして、人脈作りの目標は、「会いたい」と思ってもらえるような人になることです。

 

「会いたい」と思ってもらうには?

相手に「会いたい」と思ってもらうにはどうすればいいのでしょうか?

レバレッジ人脈術の中にこういった3つの重要点が書かれていました。

  1. インプット
    本、雑誌、自己投資を行いインプットを行う。
  2. 魅力的なプロフィール
    「私はこういうことをしています」「こういうことに興味があります」といえるものを持つ。
  3. 情報発信
    ブログ、本の出版、コラムなどの情報発信。

以上のように、自分のプロフィールや価値、そしてインプットを行い情報を持っていることが絶対条件です。

レバレッジ人脈術の中に「人脈の広げ方」「人脈の作り方」などが紹介されていますのでぜひ参考にしてみてください。

created by Rinker
¥2,168 (2022/09/25 14:04:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

人脈作りに関してのおすすめ本

シナジー人脈術

この人とどんなシナジー(相乗効果)が生めるだろう人脈を作って何をしたいのか、どうなりたいか?人脈をどのように活かすか、活用するかなど人脈について詳しく書かれている人脈作りで人気の本です。

 

コミュ障でも5分で増やせる超人脈術

メディアでもおなじみのメンタリストDaiGoさん著書の人脈本。人との付き合い方、職場での人間関係にも参考になる本です。

created by Rinker
¥1,540 (2020/09/21 10:32:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代

人脈だけではなく成功する人、失敗する人が良くわかる本です。

人間の3つのタイプである、ギバー(人に惜しみなく与える人)、テイカー(真っ先に自分の利益を優先させる人)、マッチャー(損得のバランスを考える人)などが紹介されており、自分はどこにいるかなど参考になるかと思います。