kindle unlimitedとは?料金や必見のメリット・デメリットの理由をご紹介。

以前までは、『絶対に紙の本派!』という方も多かったと思いますが、最近では電子書籍で読む割合がかなり増えてきました。

スマホさえあればどこでも隙間時間に本を読むことができ、欲しい本がすぐ手に入る。という点もあり紙の本を買う方も減ってきています。

2016年8月から始まったkindle unlimitedを最近使い始めて、かなり経ちましたがメリット・デメリットなどをご紹介していきます。

kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)とは?

「Kindle Unlimited」はAmazonが提供している電子書籍の読み放題サービス
「Kindle Unlimited」対象本ならどれでも、読み放題で12万冊(2019年12月現在)と多くの本があります。

使ってみて感じたメリット

  • 12万冊が読み放題
  • タブレットがあれば、どこでもすぐ読める
  • 普段読まない本との出会いがある
  • 面白くない本はすぐ閉じれる
  • 低予算の自己投資

約12万の本、漫画、雑誌などが読み放題は本好きには天国です

そしてKindleを持ち歩かなくてもスマホさえあれば、どこでも気軽に読めるから時間さえあればトイレでも電車でも読むことができます。

ネットで本を買う時は、目的買いが多くて他の物を買ったりはしませんが、読み放題になれば「無料だし読んでみようかな?」と気軽に読みまくることができます。

読み放題じゃなかったら、「せっかく買ったし読まないと」と思ったりしますが、面白くなかったらすぐ次から次へと気軽に読めるのがも利点です。

低価格で本を読み放題は、読む量も増えるし、幅も広がるしかなり効率的な自己投資だと思い長い間使っています。(あまり読まない月もあります)

使ってみて感じたデメリット

  • 月10冊の制限
  • 新刊は基本的にない
  • コミックが全巻ではない
  • 対象の本だけが読み放題
  • つまらない本がまじってる

月10冊制限は、保管できるのが10冊なだけで削除したらいくらでも読めます。

そして対象の本だけが読み放題なので、今話題の本を読みたい人は、あまりオススメしないです。ただし、少し前に話題だった本や有名な本なども並んでいるので「これも!?」という時があります。

個人的にKindle Unlimitedで面白かった本の一つは、ベストセラーにもなっている【モチベーション革命】。

あとマンガは全巻ではなく途中で終わって、「続きは買って下さい」というスタンスです。

KINDLE UNLIMITEDを始める方法

1.登録サイトへ

アマゾン電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」
https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/hz/signup?tag=mehiroki-22

2.Amazonアカウントでログイン

アマゾンアカウントをお持ちでない方は登録が必要。

3.完了

まとめ

読書好きで、けっこうな量を読む人、もしくは読みたい人にはオススメです。

良書が残ってないとか、賛否はあるみたいですが、好きな人にはたまらない読書ができる会員かと思います。

お考えの方は一度試しに入ってみてください。

Kindie端末も、読書家の方にオススメです