店長必読のおすすめ本5選!接客・飲食店・管理職の方必読

店長 おすすめ 本

 

店長仕事は大変で、店長次第で店の未来が大きく変わることもあります。マネジメント・教育・数字管理など多くの責任と仕事があります。

ですが、その店長職を通して人以上に人間力や経験値をあげることができるので、「これから店長になる方」「新人店長の方」「ベテラン店長の方」までに必読のおすすめ本をご紹介します。

 

必読!店長におすすめの本

店長のノート

created by Rinker
¥1,250 (2022/09/25 07:32:01時点 Amazon調べ-詳細)

「ありがとう」があふれるお店の新米店長のノート。内容は、街の携帯電話ショップで派遣社員出身の店長が教える“自分もまわりも幸せにする働き方”で店長について書かれています。

店長やお店のあり方を詳しく書かれており、中でも「お店に立っている以上、新人もベテランも関係ない。」という言葉は参考になりました。

お店としての姿勢として「会社は現場を、管理職(店長)は社員を、社員はお客様を大切にすべき」という言葉が書かれていましたが、良い店・スタッフが育つ考え方なども深く学べます。

小売店やサービスセンター、事業所の店長・マネジャークラスの方など人の上に立つ立場の方は必読です!

 

店長が必ずぶつかる「50の問題」を解決する本

created by Rinker
¥1,650 (2022/09/25 07:32:02時点 Amazon調べ-詳細)

年間4,000人、総数5万人の店長の悩みを直接聞いてアドバイスしてきた著者による、「店長の悩みトップ50」を解決する本。一問一答形式に解説がついており、わかりやすくまとめられています。

著者の考えとして、「あらゆる店長がぶつかる壁は、共通している」という視点で、現場の問題は基本的に全て方が解決できる内容になっています。

人間関係、教育、採用、人事など幅広く書かれており説得力がある一冊なので、新人店長からベテラン店長までおすすめの本です。

 

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

270万部の大ベストセラーのマネジメント本。敏腕マネージャーと野球部の仲間が甲子園を目指して奮闘する青春小説になっています。

物語は、ドラッカーの『マネジメント』を読んだら”を参考にして、ストーリーで進化をとげていきますがとてもわかりやすい内容です。

この本は、店長、経営者、マネージャー、管理職など人の上に立つ立場の方が必ず読んでおきたいおすすめ本です。

 

店長の一流、二流、三流

created by Rinker
明日香出版社
¥1,650 (2021/02/10 21:00:20時点 Amazon調べ-詳細)

この本は、一流店長になる為に必要な”情報”と”力”を得るための方法、考え方について「マネジメント」、「オペレーション」、「スタッフ教育」、「リクルーティング」、「セールス」、「セルフマネジメント」の6つの要素で解説されています。

店長次第で、お店の売上もスタッフのモチベーションも上下する店長職。スタッフ教育やマネジメントを見直し、勤務態勢を整えて、お客さまにもスタッフにも喜ばれるお店を作るヒントを学ぶことができます。

中でも、「コミュニケーションを充実させるには質より量(回数)が重要」などスタッフとの人間関係に関しても詳しく書かれています。

「思うように物が売れない」「人材がなかなか育たないし、育ったと思ったら定着しない」「人材募集をかけても人が集まらない」などお悩みの店長にもおすすめの一冊です。

 

店長のための「スタッフが辞めないお店」の作り方

created by Rinker
¥1,650 (2022/09/25 07:39:02時点 Amazon調べ-詳細)

この本の著者は、日本マクドナルド(株)入社。店舗運営の現場と出店戦略に関わること25年。その後、とんかつ新宿さぼてんを運営(株)を行ったノウハウが詰め込まれています。

数多くのチェーン店で活用された「スタッフが『辞めたくないお店』を作って、業績を大幅に向上させる」すぐに実行可能な48のノウハウが書かれています。

店長だけでなく、経営者の方にもおすすめの一冊になっています。

 

よい店作りをするには、日々考え改善、前進を繰り返していかなくてはいけません。ご紹介した本には、飲食店・小売店・組織、さまざまな接客業の職種に役立つおすすめ本なので、ぜひ参考にしてみてください。