モテる面白い人になるには?面白い話し方が身につくおすすめ本

面白い人 モテる 話し方

コミュニケーション、会話、話し方、など対人力系の本など多くの本を読むと、共通点や基本的な部分がどれだけ相手の気持ちを考えることができるかと言う点があります。

やはり面白い人の話し方というのは、空気を読み相手のことを考えて話す技術を身に着けています。

そのような面白い人は、モテる人気者に自然となっていきますが、どのようにして話しているのでしょうか?

ここからは、詳しく面白い話し方のご紹介とおすすめ本をご紹介していきます。

面白い人になるには?話し方とポイント

面白い話し方を学ぶうえで、まず読んでほしい本はコントやコメディを制作した著者の『おもしろい人の会話の公式』。

30000部突破の面白い話し方が学べる内容の濃い一冊です。

本書で紹介されている内容は基本的には受け身で、面白かったポイントは、

  • 楽しい会話より相手の関心が大事
  • 人は自分の話をしている時が1番楽しい
  • おもしろい会話は発見で生まれる
  • 人は自分に興味をもってくれる人に心を開く
  • ウケる人は、まず人を受け入れている

中でも興味深かった部分が、上記にもあるよう”面白い会話は発見で生まれる”です。

どういう事かというと、これは
”みんなが見ているのに気づかなかったことを発見する”ことです。

いつもは表面に出ない「隠された真実」をつかれたとき、「そうかも!」って思うと、なぜか笑ってしまいます。

例えばバラエティ番組などでのツッコミも、視聴者がなんとなく感じたけど言葉に出てこなかった共感を生む言葉を言うと、なぜか笑ってしまいます。

大喜利でも、わかるわーっていうのけっこうウケたりしますよね。

なので、みんな気づいていたけれど、言葉にしていなかったことを見つけたら、言う癖をつける。というのも面白い話し方の練習になります。

そして、もう1点、興味深かったのは、自分から離れることです。

つまり「自分やその場を観察する癖」を身につけることです。

一度、自分から離れ自分を客観的にみる意識をしてみて下さい。

盛り上がっているときにも「次」のことを考え、相手の話を映像化させ、質問する。そして相手が質問をしてきたことは、聞き返す。そして、オレもわたしもの会話は禁止。

会話では客観視する力もとても必要なのです。

その他にも参考になるポイントは、

  • 質問することは、ウケる会話の基本
  • 相手の以外な一面に気づいたら口にしてみる
  • 話題がない時は地味にハマっていることの話をする
  • 自慢話は「自虐」を添える
  • なぜどうやってのほうが会話が続く

これは本の一部の紹介でしかないのですが、これだけのことを同時にしようと思うと頭が回りませんよね。
ですので、根本的な面白い話し方の部分はやはり『どれだけ相手の気持ちを考えることができるか』が大切ななポイントだと思います。

面白い話し方はもちろん、コミュニケーション力を高めたい人、新しい視点での会話の仕方を学びたい方は、ぜひ読んでみて下さい。

面白い話し方が身につくおすすめ本

お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術

放送作家・ライターの方が書いた「ウケるトーク術」に関する本。面白い話し方を一般の方向けに分かりやすく解説しています。

「緊張(フリ)」と「緩和(オチ)」といったお笑いトークの基本から、話の整理の仕方、脚色の方法といった「作り方」、そしてテンポや間、表現といった「話し方」まで、基本を学ぶことができます。

一流芸能人がやっているウケる会話術

なぜ、あなたの話はつまらないのか?

created by Rinker
¥1,290 (2022/09/25 08:09:22時点 Amazon調べ-詳細)

音楽・バラエティ番組の企画・構成などで活躍している放送作家が、ちょっとした工夫で、日常会話を面白くする工夫を紹介しています。

内容は、「共感できるネタ」「ネタとオチ」「スパイス的なテクニック」で構成されている「おもしろい話」ができる入門書のような一冊です。

話し方が上手くなると「日常生活で役立つ」「モテる」「仕事で役立つ」など幅広いシチュエーションで使える技術です。ぜひ気になる本を読んで実践してみてください。